※現在、HPリニューアル中につき、こちらを暫定版として公開しております。ご不便をおかけしますが、今しばらくお待ちください

お知らせ:
署名にご協力ください!
国内外の投資家による利益最優先のメガソーラーや大規模風力発電が豊かな自然や住民生活を破壊しています。自然の乱開発を規制し、持続可能な再エネ政策を求める署名を行います。⇒
署名サイトから
署名用紙はこちらからダウンロードできます

 
  動物たちに帰れる森を 

  地元の人たちに安心を 

 

日本熊森協会は、大型野生動物との棲み分け共存 をめざし、クマをシンボルに奥山生態系保全・再生に取り組んでいる完全民間の 実践自然保護団体です。
 
 他生物にも優しい文明が一番優れており、唯一持続可能な文明です。
 
 祖先への感謝
 未来への責任
 生きとし生けるものへの畏敬の念

 


代表の挨拶

第2代会長 室谷 悠子

 中学生の時、日本の森や野生動物が危機的な状況にあること、クマたちが棲む豊かな森を失えば島国である日本は水源を失うことを知り、大きなショックを受けました。同級生や「理科の先生」であった森山まり子とともに、クマの絶滅阻止活動を大展開し、大学生になった1997年、みんなで日本熊森協会を結成しました。熊森活動を通じて、自然保護団体の中にも法律の専門家が必要と考えるようになり、弁護士資格を取得しました。2018年4月、初代森山まり子会長からバトンタッチされ、第2代会長に就任いたしました。


 現在、日本の森や野生動物の危機的な状態は深刻化する一方です。昆虫に関しては、すでに種の大量絶滅が始まっています。地球規模の環境破壊が人類の生存を脅かすまでに進んでいるというのに、私たち人類はそれを止められないでいます。日本でも、奥山の広大なスギ・ヒノキの人工林が荒廃したまま放置され、野生動物たちは生息地を失い、餌を求めて山から出ていくと銃や罠で殺処分されます。また、土砂災害や保水力低下など、深刻な森林荒廃が進んでいるにもかかわらず、大人たちは目の前のことに必死で、自然保護に取り組もうとしません。

絶望的な状況には目をそむけたくなりますが、自然との共存なくして人類に未来はありません。母親になった私は、100年先、1000年先に、子どもたちが豊かに生きていける自然環境を遺すためにも、水源の森である奥山再生に人生をかけようと改めて決意しています。


一人一人の力は小さくても、たくさんの人が集まれば、国を動かし、自然を守る法律や制度をつくることができます。みなさんと、一緒に熊森活動ができたらうれしいです。たとえ活動に参加できなくても、会員の1人として熊森を支えていただけたら、熊森の力になります。

次世代のために!全ての生命のために!思いを同じくする者同士が手をつなぎ、クマたちをはじめとする生き物たちの命あふれる豊かな森再生の流れをつくっていきましょう!